MCU最新作!『キャプテン・マーベル』の予告が初登場!

「ドクター・ストレンジ」「ブラックパンサー」に続き、単独映画となる『キャプテン・マーベル』ですが、先日予告編が公開され話題を呼んでいます。
「アベンジャーズ4(仮題)」にも登場が予想されているだけに、ファンの間では大きな盛り上がりをみせています。
最新予告では何が語られたのか?今回の記事で紹介していきます。

そもそも『キャプテン・マーベル』って何?

『キャプテン・マーベル』はマーベル単独映画初の女性ヒーローです。
コミックス版では、1977年からヒーローとして登場しており、マーベルヒーローの中では大御所ともいえるキャラクターです。

コミックス版ではクリー星人とスクラル星人との戦争中に起きた大爆発に巻き込まれ、異星人のDNAが混ざってしまったことをきっかけに彼女は超能力を手に入れます。

超人的パワー、音速の飛行能力、予知能力に加え、宇宙空間でも自由に活動することが可能です。異星人の力を得た彼女はヒーローのなかでもトップレベルのパワーを秘めているとされ、映画版では歴代最強とまで言われるほどです。
そのため今後の彼女の活躍が期待されています。

他の作品との繋がりは?

The Avengers

マーベルシリーズに登場となると、気になるのは他作品とどう繋がるかです。
『キャプテン・マーベル』は単独作品ではありますが、今後の繋がりを考えると非常に重要な役割を果たしています。
どのような作品と連携する可能性があるのか紹介していきます。

『アベンジャーズ4』

前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストではニック・フューリーが救援を呼びます。
その相手がキャプテンマーベルでした。
そのため最新作『アベンジャーズ4』に彼女が登場する可能性は非常に高いです。

手が付けられない程に強くなったサノスへの戦力として重要な役割を果たすことが予想されています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

宇宙空間を自由に活動することができることや、クリー星人やスクラル星人との因縁があるため『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でもその活躍を期待できます。
宇宙を舞台にした作品である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では既にスクラル星人たちは登場しており、彼女がクロスオーバーする舞台は整っていると言っても過言ではないでしょう。

『キャプテン・マーベル』予告からわかる新情報!

WonderCon 2012 - female Marvel cosplayers

今後のマーベル作品の中でも重要な役割を果たすと考えられる今作。
ファンにとっては見逃せない一本と言えます。
そんな注目作である『キャプテン・マーベル』の本予告では何が明らかにされたのか?
予告編登場で重要とされるポイントを紹介していきます。

舞台は過去!

90年代を舞台にしている『キャプテン・マーベル』ですが、冒頭で彼女が墜落する場所が「ブロックバスター」というレンタルビデオショップです。

アメリカでは『ブロックバスター』はレンタルビデオ全盛期の象徴ともいえる存在です。
レンタルビデオ店が次々と廃業に追い込まれる昨今の状況からみるととてもノスタルジックな存在と言えるでしょう。

このように全編を通して90年代テイストが盛り込まれていくことが予想されます。
他のマーベル作品のヒーロー達はほぼすべて2000年代にヒーローとして活躍を果たします。
そのため今作はアベンジャーズシリーズの前日譚としても注目です。

両目が健在なニック・フューリー!

S.H.I.E.L.D.の長官であるニック・フューリーも予告に現れます。
舞台が過去であるため、25歳の若々しいニック・フューリーを見ることができますが、トレードマークの眼帯をしていません。

今作では彼がなぜ片目を失ったのか?という知られざる過去にも迫ることが予想されます。
また今回のヒューリーはまだ新米の事務職員です。

彼がどのように長官にまで上り詰めたのか?なぜヒーローをリサーチするのか?など『アベンジャーズ』へのつながりからも目が離せません。

『キャプテン・マーベル』は記憶喪失?

コミック原作ではキャプテンマーベルは何度かリライトが施されており、設定が数多くあります。
その中の一つに記憶喪失というものがあります。
本予告でもその設定をにおわせる描写が確認できます。

訓練中に落下すると同時に幼年、少女時代の記憶がフラッシュバックするシーンです、爆発の衝撃で自分が何者かわからなくなり、自らの過去を求めていくというストーリーラインがあるのかもしれません。

スクラル星人の登場

スクラル星人のトレードマークである青い肌の戦闘員たちが現れ、彼らが登場することが予告で伺えます。

また、コミックス版では彼らは人間に化けて侵略をするという設定がありましたが、今作でもそれは健在のようです。

研究室で人間に化けた彼らの死体を解剖するシーンや、温厚そうな老婆を殴打するキャプテンマーベルの姿はこの設定を表しているものと考えられます。

さらなる続報に期待!

以上、『キャプテン・マーベル』本予告を紹介しました。
日本での『キャプテン・マーベル』の公開日はまだ決まっていません。
しかしアメリカでは2019年3月に公開が決定しています。

今後、アメリカの公開日に向けてさらに予告編や続報のリリースが激しくなることが予想されます。
新情報を見逃してしまわないように随時チェックしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です