今井絵里子議員、橋本元市議と交際宣言!

驚きのニュースが飛び込んできました。
今井絵里子参議院議員が、10月3日にブログを更新し元神戸市議会議員の橋本健氏との交際について言及すると共に、報道内容を訂正しました。

今井議員は、
「本日発売の週刊新潮で私のプライベートに関する記事が掲載されました。記事には事実誤認が多く、応援してくださっている皆さんには、正直にお伝えしたくブログに書かせて頂きます」

と経緯を説明しました。

その上で、
「私、今井絵里子は元神戸市議会議員の橋本健さんとお付き合いさせて頂いております」

と交際を明言した。

この二人は別れたんじゃないの?
と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その辺りを過去のスキャンダルも含め、書いていきたいと思います。

発端は不倫報道だった

皆さん、覚えておられるでしょうか?

全ての始まりは、昨年の7月に、自民党参議院議員の今井絵里子氏と、神戸市議会議員(当時)の橋本健氏の不倫が報じられた時になります。

当時の橋本氏は妻と二人の子供のいる身であった為、“不倫”や“略奪愛”と言われました。

今井氏は「好意はあるが、男女の関係はない」と、不倫を否定しました。

橋本氏は妻との関係は破綻していたから、不倫には当たらないとも言っていましたね。(当時はまだ離婚していません)

しかし、ホテルでの密会写真や新幹線での手つなぎ画像などが出回り、両氏は猛烈なバッシングを受けました。

翌月の8月には、橋本氏の“政務活動費不正受給”で議員辞職を余儀なくされ、現在は詐欺罪で起訴された「刑事被告人」の身です。

橋本氏は私生活では、昨年末に妻との離婚も成立していました。

時の流れと共に、この話は話題から消えていきましたが、まだ関係が続いていたのですね。

不倫報道後の今井議員はどうなった?

橋本氏は議員辞職をし、刑事訴追されました。
私生活では、離婚を経験しました。

今井議員はどうなったのでしょうか?

世間からの猛烈なバッシングにさらされましたが、現在も参議院議員を続けています。

SNSの更新も止まっていたようです。

それが今年に入って再開されたそうです。

しばらく距離を置いていた二人ですが、付き合いが始まったのが今年に入ってからだと言われています。
何か関係がありそうですよね。

ほとぼりが冷めるのを待っていたのでしょうか?

今井議員のブログの内容とは?

冒頭でも触れましたが、今井議員は今回の記事が(10月3日発売の週刊新潮)、以下の5点が事実誤認とブログに書いています。

  1. 記事の中にある芸能関係者は実在しない。芸能関係者とは連絡を取っていない。
  2. 「略奪」という事実はありません。不倫も不法行為もしていない。当時の橋本氏が元妻と別居したのは、夫婦間の問題であり、自分とは関係ない。
  3. 橋本氏が“マスオさん状態”と書かれているが、事実無根。彼は神戸で歯科医院をしており、東京の私の家で生活している事実はない。
  4. 私が橋本氏の元妻へ謝罪をしていないというが誤り。
    代理人弁護士を通じて、謝罪の意思を伝えたところ謝罪のお手紙を渡すことが一旦は決定した。
    しかし、直前になって元妻の代理人弁護士から取りやめにしたいと連絡があり、実現しなかった。
  5. 「沖縄知事選挙の戦犯」との記事があったが、私なりに一生懸命応援した。
    結果が伴わなかったのは大変不本意で残念に思う。
    そのことを記者に説明したら、「熱心でないという言葉には語弊がありました」と答えてくれた。
    “説明すれば分かってくれる”と思っていたが、10月3日発売の記事には“戦犯”と書かれて大変ショックを受けている。

最後に、
「障害者福祉、特別教育に関すること、障害の有無にかかわらず全ての人が当たり前に生きていける社会を作るために、これからも頑張ります」

とメッセージを綴りました。

まとめ

今回の今井議員の交際宣言で、不倫騒動が蒸し返されるのは確実です。

発足したばかりの“第四次安倍内閣”にも少なからず影響を与えるでしょう。

確かに今回の週刊新潮の記事には事実とは違う記載があるのかもしれません。

ただ「火の無い所に煙は立たない」と言います。

今井議員が橋本氏と二人で会っていて、「男女の関係がなかった」というのは無理があるのではと思ってしまいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です